幻獣保護区。

七尾のカオスな日常。あと思うこと。

拒まれた善意

さっき見せた手帳の支払いをしていると、レジ横に募金箱がおいてあった。箱全部が透明で、文字が印字されてるやつ。
何てかいてあったっけ?被災地の奨学金がどうのこうのいうやつだったと思う…(覚えとけよ)

困っている人の所に届けばいいと思い、お金を入れようとしたが。
入らない。
お金を入れる所が見つからない。ここだと思った所はお金を入れるところではなく空振り。
まるで、「お前の施しは受けぬ」と言われたみたいだ。

うぅ…こっそり入れて去るつもりが、店員さんがばっちり気付いてしまった…いいことしてんのに恥ずかしい。
箱はすべてが透明でわかりにくく、こちらは夜勤明けで判断力が鈍っていて、さらに予測してない事態でパニック、おまけに店員さんが待っている。(募金に「ありがとうございます」って言わないといけないから)


困った鵺は、適当に手を差し出して正解を探した。3回目くらいで無事入れられた。

善意をスマートに行うことの難しさを知った。今日はゆっくり寝よ。

というわけで今日はここまで。
おやすみなさい。

広告を非表示にする