幻獣保護区。

鵺の生態や思った事など

豪華な車と親達のの夢。

夢を見た。

 

 

仕事帰り、ふと顔を上げると頭上遥か高くを走る豪華な車が目についた。

車に乗ってきらびやかな服を着ているのは、うちの親だ。

彼らは鵺に気付き、声をかける。

「鵺ちゃーん、最後だから乗ってみたー」

何が最後⁉

 

少しして、鵺も同じ車に乗った。

詳しく話を聞くと、これは福利厚生で、父が頑張って勤めたご褒美であるらしい。

最後なぜか「むくみとりがありますので」と運転士に言われ、むくみと同量の重りを持たされたのだった。

ちなみに鵺の重りが一番軽く、むくんでないようだった。

 

今日見た夢をパートナーに話した。こんな夢を見たんだよーって。

それすらも夢だった。

 

という、夢だった。