幻獣保護区。

鵺の生態や思った事など

シドがもうさ、好きすぎなんよ。

アルバムNOMADの良さがやっと分かってきた。

11/4京都のライヴで聞いて好きになった曲もある。

 

表題曲、NOMAD

限りのある時間を~その事実 あたりが、上手く言えないけど悲しくて辛くて心に突き刺さる。

でも多分、シドが伝えたいのはそこじゃないよね。だからこそ今が大切なんだ、大切にしようって事なんだろうね。

 

XYZは、握手会でも鳴ってたなぁ。

数少ない一人称がおれな曲。

お前はいつも~駄目さ、を目の前でやられたらもう昇天するしかない。

なぜかアカセカの家光を思い出した。

イメージカラーはビビッドレッド。

 

 

硝子の瞳。これ大好きな曲。

どこまでもいけそうなあの声、この音楽。

透明感のある水色なイメージ。え、違う❓ 

 

躾。

歌詞見ずに聞いていたからずっと勘違いしてた。瑠璃色のプライオリティだと。暗闇だったわ…

瑠璃色の暗闇って、何をあらわしてるんだろ❓

暗がりに水槽がおいてあるのしか想像出来なかった…

 

 

バタフライエフェクトはワインレッド。な、イメージ。これも大好きな曲。

真紅の羽広げ~って歌詞から、私はマオが真っ赤な蝶々の羽を広げてるのを想像して萌えたよ…羽フェチだからね‼

 

鳥羽とコウモリ羽はいいけど、蝶の羽はあんま萌えないや…って言ってた七尾はどこいった。

 

 

低温。

ライヴでせつなげに歌っていたのを聴いて初めて、あぁ、こんなに哀しい雰囲気をまとった曲だったんだなと気付いた曲。

ライヴ中にマオがセリフを入れていたけど、何て言っていたんだろう。

 

そしてライヴではこのあとにたしか躾をやってくれて。

低温の結末を一度迎えたからこそ、今度こそ離さない、っていう躾の世界に向かっていくような気がした。

こじつけかもしれませんが‼(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)

 

 

 

他の曲も聞き込んでまた感想あげたいな。

やりたい事はいっぱいあるのに追い付かない(笑)