幻獣保護区。

七尾のカオスな日常。あと思うこと。

こないだの稲荷山ブレスについて

f:id:eastanchimera:20180219084127j:plain


神社に行って、歌って、帰ったらこないだ貰ったタイガーアイブレスのゴムを付け替えた。

神社については2つほどネタありなのでまた後日にマンガで(笑)

 

手のかかる子で、ナイロンワイヤーにして磁石の金具つけたらブレスとして激弱な仕上がりになってしまった。つまり、つけやすい反面、磁石部分に少しでも力がかかると取れてしまう。

そして元のが長かったのにさらに長くなってもう手から抜けそう…

一度は主人に置いていかれたこのタイガーアイを、また置き去りにするのは忍びない。

 

作り直そう‼大変だけど‼(。>д<)

 

で、ゴムに変更。

一度完成してたのに、石の入れ忘れで作り直し。

その後、やっと完成…疲れた😣💦

半分は七尾の不注意と経験不足なだけだけど。

 

せっかく来てくれたのだから、大切にしたいと思う。

喉いたい。

これから頑張らないといけないのに、気力がすでにない。

もう横になってたいくらい。

せめて今回だけは頑張る。その先はゆっくり休む。それでいいや。

広告を非表示にする

ほぼ一日デビルサバイバー。

何で今やってんだと言われても。

 

あれ、難しいね。

敵強いし、やなことしてくる奴もいるし。デカラビアだっけ?あの護りの盾とかベル・イアル苦手だった…何とか倒したけど。

 

どちらかというとサクサクずっぱり敵を斬り倒していきたいタイプだから、チーム戦なのもなんか七尾には合わない(笑)

 

でも不思議と、やりだしたら意地になってくる。何なんだろあれ…

 

ベルを倒して、魔王を目指してます。アマネにてこずり中。あの子超強い。

 

魔王を目指すと言ったら、女性陣が引いて(?)どっかいっちゃったし。

ユズが抜けたん意外だったな。状況には限界っぽかったけど主人公を好きみたいだったからさ。絶対離れないとかいいそうだと思ってた。

ミドリちゃんは分からないでもないよ。何となく。

 

アツロウは何で残ったんだろう。何にしても育て直しじゃなくてよかった。

カイドー…あんま思い入れない←ひどい

マリ先生ようこそっ。女っ気なくてむさかったんだよねー←ひどい

ナオヤ…遠距離攻撃できる悪魔と一緒にいるとは言え…強い。何やこいつは。

 

そんな感じで、ひいひい言いながらも楽しんでます♪

やさしい王様になるのだ←ガッシュ

 

嘘について

基本的に七尾は嘘つきだ。

嘘ついてない状態の七尾じゃ、きっとこの世界じゃ生きていけないだろう。性別が確定してると嘘をつき、生きたい、望んでいると。他にも色々と。ぼかす事も嘘だというなら、多分それも。

それで、罪悪感もだいぶ薄れてしまった。
つい、嘘をついてしまう癖、ほんとに何とかしないとね。
ふと苛まれるから、全く罪悪感がない訳じゃなそうだけど…


でもそれだから、嘘があるから生きてこれた。生きる術にもなってしまっているんだよね。
生きる術に頼らずに、生きていけるようにならないと。と、いう訳。

広告を非表示にする

大丈夫、大丈夫。

反省。これからがあるなら気を付ける。
ないなら?
何とかなるさ。

ほんとはカラ元気だけど。
うん。
切り替えていかなくちゃ。
そうじゃなきゃ、ちょっともたない。

休みの日に、ぱっと楽しいことしよう。
それでまた、その日までがんばろう。

広告を非表示にする

【病み記事注意】ほら、また気が抜ける。

すみません、今日は落ち込んでます…

暗いの見たくない人は、戻ってください。








  



    









うまくいってるなんて、やっぱり幻だったみたいだ。


やっぱり無理なんじゃないかな…
もう、やめた方が人のためなのかもしれない。

コミュニケーションまともに取れない。
気づけない。
何にも出来ない。
ほんと、何でここにいるんだか。

いや。もうどこでもダメな気がしてきたよ…


あの人は、
うまくやれてたらしい。慣れれば多分これからもうまくやれるだろう。

だけど、七尾は。
これまでもきっとこれからも、障害と一緒だからうまくいってない。
多分一度か二度くらいだろう成功なんて。それも初めだけだろう。

すぐにぼろがでるんだよ。
ほんとは何にもないんだ七尾には。

驚愕‼ビニール手袋着用でもスマホ使える

乾燥の季節ですね~

手荒れがひどいので薬を塗り、手袋をしてスマホいじりをしている。
無理だろ、と思ってたけど案外出来るものだね。

手袋が薄いからだろうか。
それとも薬で密着しているから?

どういう訳だか七尾には分からないが、ともかく便利だ。
ずっと、薬を塗ってしまったらもう何も出来ないと思っていた。


ダメ元でもやってみれば得るものがある。

こんな些細なことで、思いがけなく勉強になってしまった…