幻獣保護区。

七尾のカオスな日常。あと思うこと。

デジャブ多すぎ。

今回も「あ!これ夢で見た‼」が起きた。

驚きすぎて、声に出てしまった。

本当に夢で見てるんだろうか…?

でも何だか、見覚えがあったんだよなぁ…

ふと思った霊的な話。

七尾には13人の霊がファンクラブな感じでついてるそうだ。

 

で、確か職場へついてくるのと家に居残り組が3、4人。

で、外についてくるのが5人くらい。

 

ということは、数日後旅行に行くわけだが、

その時にも彼らはついてくるわけだ。

 

どこ楽しもうかな~、どこ連れてってくれるのかな~、って、彼らも計画を立てたり楽しい気持ちになっているんだろうか。もしかして守護霊さんも?

 

そうだったらいいな。何倍も楽しい旅になりそうだ。

 

ああもう米津さん

どれもこれもいい曲すぎる。

 

ってまだBOOTLEGとlemonしか聞いてないんだけど。

 

飛燕。

あのテンポのよさ、歌詞。さわやかかつ疾走感のある…いや。うまく言えない。燕感。

 

LOSER。

これいまいち…と思ってたのに。あれれ?

気がつけば車のTVCMも相まって耳から離れない。

 

Nighthawks

RADとバンプのオマージュなんだってね。だから好きになったのかな?

何十回聞いても飽きない不思議な曲。

何もないこの手で掴めるのが~

あてのない未来なら~

の、あたり泣きたくなる位にすき。

それで、なぜかあの子の事を思い出す。

⬆多分、泣きそうになる原因、これ。

 

打ち上げ花火。

DAOKOさんと一緒のやつじゃなかった…(´Д`|||

でもこれはこれでよし。

 

灰色と青。

これ(灰色と青)のためにこれ(アルバム)を買ったようなもんだよ。

もうね、切なさが止まらない。Nighthawksと同じく、何十回聞いても飽きない不思議な曲。

この曲で米津さんにはまった。

 

 

あとlemon。

あかん、これもあの子を思い出す。いやあの子生きてるけど。

ある意味、死んだんだもん。いい意味で、あの子変わったから。それが嬉しくも寂しい。辛い。

…じゃなくて。

明らかに、夢ならば~の一節で「lemon」って声が入ってる…‼そこが印象的。

レモンが描かれたジャケも綺麗で好み。みずみずしいのも何か含みがありそう。みずみずしい=風化してない、とか、生々しいとか。

 

雨が降りやむまでは~のあたりすき。

歌詞で

切り分けた果実の『片方』のように~

が、何で『片方』だけ取り上げたんだ?と不思議だった。

他の方の歌詞解釈を見ててひらめいた。

互いの気持ちを歌っているから『片方』なんだ‼と。それでこと足りる?のだと。

すげぇ気持ちよかったあのひらめき。だいぶすっきりしたね。

 

以上、今好きな曲たちでした。また増えたら書くかも。

 

 

自助グループの参加者が心配。

高槻から来てた人がいたはずだ。

大丈夫だろうか。

連絡先を知ってるほどの仲ではないため、確認のしようがない。

参加してみて、安否確認するしかないか…

 

参加、出来る?

そんなにあっちが平和だとは思えない。

参加、出来ますように。

皆無事でありますように。

地震と、七尾のまわり。

近畿住み。震度5弱地域。

 

 

仕事は休み。

8時すぎ、横になってる時の地震だった。揺れで起きた。

だから、どの程度強かったかは体感してないに等しい。

でもやけに長いな、と感じた。

早く終われや、と舌打ちした。←余裕だった?

 

友達からラインがきた。

地震大丈夫だった⁉」

え?さっきの地震

 

テレビをつけると何だか恐くなった。

大阪が震源地、震度6弱。心肺停止の死亡者もじわりと。ライフライン生きてるのが救い。

 

でも。

もっとひどくなるかも。余震が怖い。

 先の、震災が思い出された。

 

不安な中だったけど、友達が気に掛けてくれてるのが嬉しかった。

こちらから待つのもなぁ。大丈夫だよって伝えてみた。

 

関東圏の友達は、地震があったことも知らなかったので、逆に驚かせ、心配させてしまった。

…やたら送るのもダメだったかな…

 

今のところそれ以上の被害はない。

ちょっと怖がりすぎだったかもしれない。

でも、避難セットを作った。安心するから。そして持ち歩いてる。

 

このまま、なにもかも日常のままつづきますように。

 

 

上は、書き残しておこうと思って書いた。

 

 

 

最後に。大阪の方、大丈夫ですか?

助けになれること、ありませんか?

 

愛したっていいじゃないか

だいすきっていうなよ。

勘違いしちゃうだろ…

 

なんてね。

それでもいいや、って思えるほどの言葉を想いをくれるから。

もうこれでいいんだ。

 

好きなんだろう、まだ。

それでもいいじゃないか。

ただ一人に変わりないだろう。

どうしたってすがりたくなるの。

必要とされたいの。

米津玄師さんにはまりつつある。

米津玄師さんはまえから気にはなっていた。

実はマトリョシカのハチさんだったり、フローライトという、好きな石を絡めた曲を歌っていたり。

ある日、関わろう、と決めたのは。というかそういうことにされたのは、偶然、とある店に入り、流れていたからだ。

 

「灰色と青」が。

 

確かヨガの行きしだったと思う。買い物へ出掛けていた。

その頃、七尾は失恋というにはあまりにも無様な感情を抱いていた。

「どれだけ~背丈が変わろうとも~、~無様に傷つこうとも~、今更~悲しいと叫ぶには~…」

 

耳に飛び込んできたのはそんな歌詞だった。あまりに今の気持ちとぴったりで、ちょっと涙ぐんでしまった。ここは穏やかで平凡なスーパーなのに。何でこんなところでこんな(心情にぴったりな)歌が。

 

誰が歌っているのか気になり、たまらずスマホで検索。

出てきたアーティスト名は、米津玄師(+菅田将暉)。

 

まただ。

前にも、コンビニで聴いた曲を検索したらDAOKO+米津玄師「打ち上げ花火」がヒットした。何の曲か忘れたがそのさらに以前にも検索したらアーティスト名は米津玄師だった。

他にも、スピ系のイベントに何気なく参加し、のちにその主催者が米津玄師好きだった事が解ったり。

 

もちろん、有名なアーティストだから、よく耳に入ってくるのは無理もない。

しかし、そうとは知らずに何度も惹かれ、検索している。これはもう…このアーティストが合うって事だろう‼

 

もう、聴く以外の選択肢はないように思えた。

スピ的に言えば、ものすごい数のシンクロと言えるかもしれない。

 

 

 あのざらついた声がいい。七尾が発達障害なので、どこまで理解できてるか謎だけど、感情表現も豊かだと思う。

 

他にもLemon、飛燕、LOSERが好き。まだ数曲しか聴けてないけど、もっと聞きたい。